女の人

他のサイトとも連動できる不動産管理システム

賃貸管理業務を効率化

つみき

不動産サイトとも連動可能

不動産投資を行っている人には、副業としてマンションなどのオーナーとなる場合と賃貸物件の自主管理を本業する場合の2種類があります。賃貸マンションやアパートを経営するには数多くの管理業務が伴うため、通常は管理会社に入居者募集や家賃回収・保守管理といった業務を委託することになります。その場合は家賃収入の数%程度という相場で管理費を管理会社に支払いますが、自主管理できればその分の経費を浮かせることができるのです。賃貸住宅の煩雑な管理業務を可能な限り効率化する目的で、そうした管理会社でも多く利用されているのが不動産管理システムです。不動産管理システムには不動産会社が顧客管理の目的で使っているシステムの他、個別の賃貸物件を管理する目的で使われる賃貸管理システムが含まれます。このうち賃貸管理機能を持つ不動産管理システムを賃貸マンション等のオーナーが導入することで、自主管理に関わる業務を効率化できるのです。このような不動産管理システムには入居者募集を支援する機能が含まれ、空室一覧や物件募集情報の作成が楽になります。作成された入居者募集画面は、各種不動産サイトの募集情報として連動させることが可能です。

最も手軽な自主管理方法

現在ではこのようにしてパソコンを使った賃貸管理の手法が主流となっており、賃貸マンションやアパートの管理を手がける会社にも必須のシステムです。賃貸マンション等の自主管理を行うオーナーでは、複数の賃貸物件を所有しているケースも少なくありません。管理する戸数が多くなると入居者の募集や家賃回収といった業務も煩雑となり、契約更新のたびに新たな交渉の必要が発生します。家賃の出入金管理ばかりでなく、新規契約や契約更新の際に必要となる契約書の作成業務も大きな負担です。賃貸住宅管理会社が採用している不動産管理システムは、オーナー自身が手がける自主管理業務を効率化させる目的でも大いに役立つのです。大規模なコンピュータシステムを導入するには高額な費用がかかるようなイメージもありますが、現在では安価な月額料金で利用できるクラウド型サービスも登場しました。不動産管理システムにもクラウド型が増えており、賃貸管理業務の効率化と管理コスト低減の両立も十分に可能となっています。入居者からの問い合わせを管理する機能を持つ不動産管理システムでは、クレーム対応の入居者別履歴や証拠写真の閲覧までが簡単にできるのです。また、不動産管理システムは不動産会社の業務も効率化してくれます。そのため、このシステムを導入している会社は仕事を処理するのが早いでしょう。トラブルが起きたときも迅速に対応して欲しい方は、このような会社に依頼するのがおすすめです。

ローンをフル活用しよう

集合住宅

投資用マンションを購入するために組んだローンは、当初の約定通りに返済していきましょう。くれぐれも繰上げ返済をしてはいけません。なぜならば、繰上げ返済をすることで、レバレッジ効果が失われてしまうからです。

詳細...

事前の勉強の機会には

セミナー

不動産投資セミナーは多くの会場で行われており、個人の都合に合わせて選ぶことができるようになっています。不動産投資セミナーに参加すれば投資の成功に近づくための情報を得ることもできるので、人気になっています。

詳細...

転勤を命じられたら

紳士

家を建てたのに転勤を命じられたら単身赴任を選択する人もいますが、家族と一緒に過ごす時間が減ってしまうだけではなく生活費も2重にかかります。そういった悩みを解決できる方法の1つにリロケーションがあります。持ち家を貸すことで家の劣化を防ぎ、住宅ローンの支払いを楽にすることができます。

詳細...