転勤を命じられたら|他のサイトとも連動できる不動産管理システム
建物

他のサイトとも連動できる不動産管理システム

転勤を命じられたら

紳士

住宅ローンを補てん

ずっと住み続けるつもりで家を建てたのに転勤を命じられてしまうのは、サラリーマンの世界ではよくあることです。しかたなく単身赴任をする人もいますが、そうすると家族と一緒に過ごせる時間が減ってしまうだけではなく生活費も2重にかかることになります。また家族全員で新しい赴任先に住むと、せっかく建てた家を空き家にしなくてはいけません。こういった悩みを解決する方法の1つにリロケーションがあります。リロケーションとは転勤している間、家を他の人に貸す事です。家賃収入が得られる為家のローンの支払いに充てることが出来るだけではなく、人が住む事で防犯対策にもなります。空き家のままにしておくと、家に侵入されたり破壊されることがよくあるので注意が必要です。

借主に条件をつけられる

知らない人に家を貸すことに抵抗があるという人もいますが、家は人が住んでいない方が劣化が激しくなります。空気を入れ替えないと湿気が溜まりカビが生える他、シロアリなども繁殖しやすくなります。賃貸で他の人に家を貸すこともできますが、普通の賃貸契約では借主の権利が重視されるため、転勤が終わって家に戻りたいと思ってもすぐぬ家を明け渡してもらえません。そうなるとせっかく持ち家があっても、他に家を借りなくてはいけなくなります。リロケーションは一般的な賃貸と違って家主の意向で家を明け渡してもらうことが出来るシステムなので、元の家にスムーズに戻ることができます。またリロケーションは借りる人に対して条件をつけることもできます。タバコを吸わないとかペットは飼わないなどです。大切に住んでくれる人に家を貸すことが出来ます。